[編集]
活け込み(茅乃舎)2016年
ロウバイ・南天・竹・松・苔梅・柳・水仙・椿 
<ごはん家椒房庵>

★ ごはん家の表に餅花が下がり、有田の大きな壺に、恒例の華やかな正月飾りをしました。

ロウバイ・小米柳・椿・テッセン他 
<茶舎>

★ ロウバイと椿をメインに活けました。

赤芽柳・椿・赤芽柏・苔躑躅 
<風呂場>

★ 美しい苔躑躅をメインにアケボノ椿を添えました。

白玉椿・ベルテッセン 
<和室かけ花>

★ 炉の季節の白玉椿を使いました。
美しいベル鉄線を添えてみました。

苔梅・松・竹・赤芽柏・南天・蝋梅・椿 
<玄関大壺>

★ 華やかな色どりで、正月飾りの玄関先です。
大きな藁ぶき屋根に、主役の苔梅が似合います。
伝統的な花材を使いました。

ロウバイ・南天・竹・松 
<通路奥>

★ 青松と紅い南天が入ると、一気に正月を迎える雰囲気になります。

山躑躅・小籠柳・川柳・藪椿・ダンコウバイ他 
<玄関大壺>

★ ヤマツツジは、白いコケに覆われていて美しく素朴な風情です。
紅い大きな実と椿と、思い切りたくさんの花材を使いました。 


ベルテッセン・スチールグラス 
<和室かけ花>

★ 可愛いベル鉄線を線と合わせて活けています。

ロウバイ・椿他 
<茶舎>

★ 枝を主に少しの緑です。

ロウバイ・日向水木・椿 
風呂場寸胴>

★ 枝と緑の椿とを、少し大きく活けています。

ドウダンツツジ・ヤマツツジ・オリーブ他 
<玄関大壺>

★ コケツツジがわずかに紅い花を咲かせていて、白いオリーブを添えると玄関先が少し華やかになりました。

吾亦紅・狗尾草・ツルウメモドキ 
<風呂場>

★ ワレモコウに、えのjころ草の優しさを添えて、野の風情を出しました。

斑入りヤブラン・曙草・利休草 
<和室かけ花>

★ 白いアケボノソウに添えて、斑入りヤブランと利休草を配しました。

赤米 
<楽舎>

★ 毎年、福岡の郊外の農家から頂く赤米を、たっぷりと活けてみました。
貸し切りや料理教室、生け花教室などに使われる離れの中に配しました。


小糠草・赤米・曙草 
<風呂場>

★ やわらかい風情のコヌカグサと赤米は、秋の初めの風情を漂わせています。白いアケボノソウを配しました。

小糠草・猫じゃらし・ひめゆり・ワレモコウ・利休草 
<和室>

★ 小さな姫百合を、野草を添えて引き立てました。

満天星躑躅・日向水木・雪柳・山つつじ 
<玄関大壺>

★ 緑の素材の中に、ところどころ開花したヤマツツジを使いました。
少し華やいでいます。

大毛蓼・女郎花・秋明菊・小糠草・鎌柄 
<風呂場>

★ 草原や庭先などで見られた華やかなオオケタデが、近年、花屋以外で見られなくなりました。
黄葉したカマツカやオミナエシなどと合わせました。

リンドウ・曙草・リボングラス 
<和室>

★ 早秋の山野に、白く可憐なアケボノ草が見られるようになって、冬を迎える草花が素朴な姿を見せ始めます。
暁の空の残星を移して花びらに小さな斑点が見られる花は、皆の憧れの草花です。

ドウダンツツジ・雪柳・土佐水木・椿 
<玄関大壺>

★ 大きなドウダンツツジの入荷で、巨大な藁葺屋根に似合う挿花ができました。緑の濃淡で夏の終わりの挿花です。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33
[編集]


CGI-design