[編集]
広山流
雲竜柳・吾亦紅・マトリカリア 
<萩船徳利>西木京子

★ ワレモコウを上手に生かして、シンプルな美しさを見せています。
花入れがよく似合っています。

銀葉・吾亦紅・マトリカリア 
<信楽寸胴>

★ ワレモコウが上手に生かされています。
マトリカリアの可憐さが効いています。

銀葉・ワレモコウ 
<角形寸胴>坂野 至

★ しっかりこだわって活けました。
ワレモコウは、バランスを考えながら、細い枝の部分を強調して形を整えて活けています。

日向水木・ドラセナ・マトリカリア 
<信楽角形>中川由美子

★ シンプルな花入れに優しい色合いで活けています。
すっきりとした挿花です。

木瓜・マトリカリア 
<ブック型>西木京子

★ 変形の花入れに、小さなマトリカリアが可憐です。
花入れの個性が、優しい花を使うことで線のボリュームとともに引き立っています。

土佐水木・射干 
<高取鬼の腕>

★ 美しく活けられた作品です。
立派な射干の存在感が何気ない枝物を引き立てました。、

小葉のズイナ・甘野老 
<信楽鉄釉>

★ シンプルに活けられた作品です。
斑入りのアマドコロが美しいですね。

ベルテッセン・甘野老 
<白磁染付>春山和江

★ アマドコロを添えて、ベルテッセンを活けました。
優しい挿花です。

花菖蒲 
<耳付き籠>倉田五月

★ 花菖蒲を、少し格の高い籠に活けました。
爽やかな雰囲気で活けてみました。

満天星躑躅・黄ソケイ・小葉のズイナ・木苺・甘野老 
<網目平籠>藤原一馬

★ 5種の花材をバランスよく配置し、それぞれの特徴が生かされています。網目のかごの抜け感が、多くの花材を重さから解放しています。

満天星躑躅・木苺 
<竹型鉄釉>倉田五月

★ 紅いドウダンツツジの花が美しく生かされています。


小葉のずいな・板屋楓 
<円錐籠>藤原一馬

★ たっぷりの板屋楓と小葉のズイナで濃淡の緑を活けました。
浅黄色の小葉のズイナは美しかったのですが、先端を少し軽くした方が、さらに良かったと思います。

 
<変形寸胴>西川裕子

★ ドウダンツツジが美しく活けられ、紅い花芽が効いています。
花菖蒲を優しく配しています。
素敵です。

花菖蒲・小葉のズイナ 
<黒寸胴>占部ひろ子

★ 体験で来られました。
花菖蒲を、黒いガラスの寸胴に活けました。

花菖蒲・満天星躑躅 
<鉄釉水盤>庄野 純

★ 紅い花芽の美しいドウダンツツジをシンプルに添えて、開花直前のハナショウブを活けました。すっきりと美しく活けられていますが、少し明るい水盤の方が花材を生かされたのではないでしょうか。

花菖蒲・小葉のズイナ・日向水木 
<手桶>濱崎由紀子

★ 黒い手桶に、小葉のズイナをたっぷりと扱いました。
花菖蒲のわずかに開花した姿が印象的です。
新緑の美しさを表現しました。

芍薬 
<耳付き青磁>馬場恭子

★ 格高い花入れに芍薬の一種活けです。
凛とした中の柔らかさがみえる挿花です。

野花菖蒲 
<大型花入れ>馬場恭子

★ 薄紫の開花直前の一本の花しょうぶ、あえて個性的な大きな花入れに存在感をみなぎらせて活けました。
たくさんの様々な表情を見せる葉の扱いは、規定に縛られない自由花の面目躍如たるものでしょう。

満天星躑躅・黄ソケイ・小坊主弟切草 
<魚籠>藤原一馬

★ 素朴なビクに、ドウダンツツジと黄色い花が咲く前のキソケイを、そして
赤いヒペリカム。
気取らない挿花は、優しさが添えられています。

黄ソケイ 
<虎宗全籠>藤原一馬

★ 荒々しい竹の組籠に、柔らかな色のキソケイを一種で活けています。
素朴さを強調する作品です。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37
[編集]


CGI-design