[編集]
子供教室
つばき 
<カップ>さかのいたる

★ 薄紅色のつばきをマグカップにいけました。
いけかたをしっかり心得ていて、ママのアドバイスには首を振りました。
こうでなくてはならなかった感性です。
脱帽です。

コガマ・ボケ・スギボウズ・ツタ 
<細かご>坂野いたる

★ 時と場所を変えて、イケバナダマシイに火がつきました。
「今度はそこに!」「ハイッ!!」一緒に活けていた先輩のおねえさん方が、慌てて掛け花の場所を作ってくれました。
お母さんの花材をチョッキンして「ハイッ!できました!」

ベニサンゴ・ホワイトスター・レモンリーフ 
<手作り花入れ>坂野いたる

★ <うずくまる>という手作りの花入れに、すばやい手さばきで活けました。子供の感性は、色の使い方も心得ています。
お母さんの活ける時間の、半分より早くイケチャッタ!!

やなぎ・われもこう・アスターデイジー 
<竹ひとえぎり>なかしまかれん

★ お花だいすきのカレンちゃんが、だまっていけました。
おわかれの花は、すっきりとかわいいお花でした。
宮崎に行って、新しいおともだちができて、なかよくお花をいけてくださいね。

桜一種 
<変型水盤>渡辺栞之子

★ 花器を自ら選んで、一種で格高く活けました。
小学一年生から稽古をはじめ、中学一年まで能古島から船で通って稽古をしました。福岡市の郊外に転居します。中学二年生になりました。お別れに久々の稽古をプレゼントしました。
「皆さくら」と教えていたことを守って、だまって一種で活け終えました。
思い入れのあった花器だったのでしょう。
素敵です。

満作・木苺・ふきのとう 
<織部変形>渡辺栞之子

★ 美しく上手に扱いました。
花器の色合いとよく合っています。
いいですね。


土佐水木・透かしゆり 
<萩焼き大壺>渡辺栞之子

★ 思い切り大きく生けました。
土佐ミズキの枝がやや大きすぎるきらいがありますが、久々の挿花で、思い切って活けました。左の枝はやや前面のあるのですが、今少し短く扱うべきでした。

るりとらのお・ほととぎす・つばき 
<ガラスビン>なかしまかれん

★ 何気なく挿した花ですが、それぞれ上手に入れています。
カレンちゃん◎です。

あけぼのつばき 
<筒竹>なかしまかれん

★ 何気なく挿した椿です。
「よくできました!」

雲龍柳・雪柳・秋明菊 
<魚籠>ノックス拓実

★ 雲竜柳を高く持ってきて、少しだけ紅葉を始めている雪柳を手前に流して活けました。
秋明菊を手前に流していけるのもこどもの感性です。
白とグリーンの花材を白い籠に活けました。
色の感覚がいいですね。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27
[編集]


CGI-design